スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害援護資金貸付における保証人徴求について(1)

このたびの、東日本大震災で被災された方にお見舞い申し上げます。

さて、保証被害対策全国会議では、災害援護資金貸付における保証人の問題について、下記の意見書を作成・提出いたしました。

災害援護資金貸付における保証の廃止等を求めるなど、災害援護資金貸付を、被災者の生活再建の観点から利用しやすい制度とするよう提言するものです。

災害援護資金貸付における保証人徴求の廃止等を求める意見書

2011(平成23)年3月29日

保証被害対策全国会議
http://hosyouhigai.blog28.fc2.com/
代表 弁護士 宇都宮 健児
(連絡先)                   
〒330-0802 さいたま市大宮区宮町2丁目28番地
あじせんビル6階(受付4階)
TEL 048-645-2026 FAX 048-643-5793
埼玉中央法律事務所
事務局長代行 弁護士 長 田  淳

 保証被害対策全国会議は、保証被害の救済と保証人保護のための保証法改正を目的に、多重債務問題に取り組む弁護士・司法書士・被害者の会相談員・学者等で結成された任意団体です。
 東日本大震災において被災者支援の一施策として位置付けられている「災害援護資金」につきまして、下記のとおりの法令の改正を求めます。

第1.意見の趣旨

 1.災害援護資金の貸付けについて、保証人を立てることを義務づける災害弔慰金の支給等に関する法律施行令8条を廃止すること。
 2.保証人による償還可能性を免除の要件とする災害弔慰金の支給等に関する法律13条(同法施行令12条)を廃止し、償還免除の要件を緩和すること。
 3.同法10条4項を改正し据置期間後の利子も無利息とすること
 4.違約金を定める同法施行令10条を廃止すること
 5.その他、給付制の導入・貸付対象者の所得及び損害要件の撤廃ないし大幅緩和・据置期間の大幅延長・支払猶予要件の大幅緩和をすること
 
を求めます。


スポンサーサイト
ご案内
プロフィール

Author:hosyouhigai
保証被害対策全国会議のページです。
保証制度の改正に向けて、意見の提言や改正のための運動に取り組んでいきます。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。