スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保証に関する意見(日司連・保証人の要件)

 日本司法書士会連合会の「司法書士からみた民法(債権関係)に関する意見書」の中から保証制度についての意見書をご紹介いたします。

2 保証人の要件

(意見の趣旨)
 債権者の指名に関わらず,保証契約によって負う見込みのある債務につき,一括して弁済する資力を有しない者を保証人とすることを認めない,との規定を置くことを検討すべきである。

(意見の理由)
 保証被害の実態は,主債務が不履行となったときに,保証人が自らの資力で弁済することが困難となって生活破綻を招き,果ては自殺にまで追い込まれるというものである。

 主債務者との深い人的関係により保証人となる者は,保証人となることを断る自由を有していない場合が多いことを鑑みると,仮に債権者から保証の意味及び保証契約の内容や主債務者の資力に関する情報について十分な説明を受けても,保証契約を締結するかしないかを自由に選択することができないことが想定される。

 したがって,保証被害の防止の観点からは,債権者の説明義務の規定の創設に加えて,さらに保証人の資力に関する要件を保証人の視点に立った規定として定めるような見直しも検討すべきである。

 保証人の要件を定める規定としては,「弁済をする資力を有すること」と規定する現民法第450条があるが,この規定は,保証人の要件を示すことによって,債権者を保護しようとする規定であると解されており,同条第2項により債権者が保証人を指名した場合には適用されない。

 しかしながら,現代社会においては,このような債権者の視点に立った規定が保証被害の要因となるとの見方も必要である。弁済資力のない者が保証人となれば,主債務に不履行があったときに,保証人が資力以上の弁済を求められ破綻するのは当然の理である。

 保証人を保護する視点からは,保証本来の機能を,保証人の「現に有する資力」によって主債務者の信用力を高めて経済活動を活性化させることに求めるべきところ,保証人の「将来の信用力」によって主債務者の信用力を高めるものとして保証契約が締結されていることから保証被害をより深刻なものにしているとも考えられる。

 もっとも,債権者は,与信管理を誤り資力のない者を保証人としたときは,回収不能というリスクを負うのだから,保証人の要件は債権者の選択に委ねればよいという考えもあると思われる。しかしながら,現実には,多額の保証債務を長期分割払いで支払い続け,延々と保証債務の履行を続けている保証人も多く見られる。債権者が回収不能のリスクを負うとしても保証人の要件を私的自治の原則に委ねることが相当であるかどうか,つまり保証人の要件を,債権者のための規定から,保証人を保護する規定へと大きく転換させる必要があるのではないかという点を検討すべきである。

 具体的には,例えば,現民法第450条の「債務者が保証人を立てる義務を負う場合」という限定を外し,同条第3項を廃止した上で,保証契約締結にあたり債権者に保証人の資力調査を求めることが考えられる。

 「弁済をする資力」については,保証額全額を一括で弁済する資力とするか,あるいは保証額を分割して弁済する際の一定期間内(例えば,一カ月)の負担額を継続的に弁済する資力とするか,検討を加える必要がある。

 なお,仮に保証人保護の規定が導入された場合,「併存的債務引受契約」や「連帯債務契約」等の保証と同様の機能を持つ契約を締結することによって,それらの規定を免れようとすることも考えられるため,保証契約と実質同視しうる契約に対して保証の規定を適用することも検討すべきである。


スポンサーサイト
ご案内
プロフィール

Author:hosyouhigai
保証被害対策全国会議のページです。
保証制度の改正に向けて、意見の提言や改正のための運動に取り組んでいきます。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。